スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャージ修理

WAVEONEさんに修理に出していたジャージが戻ってきました。
ジャージ1
背中はビリビリだったので、パーツ取り替え。袖の部分は当て布処理をしてもらいました。
擦れてできた黒い線が生々しいですね。

ジャージ2
当て布を裏からみるとこんな感じ。

背中の部分は完全に取り替えてしまったので、まるで新品。
っていうか新品。

費用は約8000円でした。
袖の部分の修理代はオマケしてくれたそうです。
が、、新しいジャージを買おうか躊躇するレベルのお値段ですね。

もし破けてたのがこれじゃなくて練習用ジャージだったら確実に修理なんかしないで壁に飾ってる気がします。
『祝!レース初落車』みたいな感じで。

落車で出来た傷は、傷跡こそ茶色くなってたり白くなってたりで痛々しいですが、外見以外は完治しました。
人によっては落車したときの恐怖で下りが攻めれなくなったり集団を怖がっちゃうとかあるみたいですが、いたきはそんなに繊細な心は持っていなかったようで、残念ながら特に変わりありません。

ほら、シャカリキの輝だって
「落車は怖くなくなった。ビョーイン行けば治してくれるのがわかったさかい」
って言ってるじゃないですか。
自転車は治らんかったけど。

変わったところといえば、レースの時は腰の部分も毛を剃るようになったことでしょうか。レーパンに隠れてても落車すれば怪我するし、毛を剃らないと絆創膏とかを剥がすときに非常に大変なことになる事を勉強しました。
絆創膏を剥がすときに毛まで引っ張っちゃって治りかけた傷がまた開きます。悲惨です。
レースの時は体の側面部分の毛は脚から肩までみんな剃っちゃったほうが落車した後の処置が楽ですねw

まぁ、落車しないのが一番なんですが。

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。