スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車盗難記 #1 ~捜索編~

いたきの自転車盗難シリーズ第一回。今回は窃盗に遭ってから自転車の捜索までを書いていこうと思います。



盗難にあった場所は友人宅前。
夕方。友人の家に遊びに行って、自転車をアパートの前のフェンスに立てかけ、フェンスごと施錠。鍵は安いダイヤルロック式一本でした。100円ショップでも買えるような安っぽいやつ。

この程度の鍵は自転車用のケーブルカッターなんかがあったらもうティッシュををハサミで切るがごとくです。少し力がいるかも知れませんが、ニッパーでも切れます。

『出来心でちょっと乗って行ってしまう』
『自転車を勝手に移動される』
のを防ぐようなそんな程度の意味しか有りません。
『一応鍵かけて大切にしてますよ』みたいな意思表示です。

そんな感じで友人宅に一泊。

朝家を出ると自転車がない。


そんな感じ。


後にわかったことですが、犯人は鍵を切断して、軽自動車に積み込み、走り去ったらしいです。
軽自動車なら目立たないし、小回りも効く。後部座席を倒して後ろをガバッと開ければそのまま自転車一台突っ込めます。
自転車を盗むんだからデカイ車で運ぶんじゃないか、そう考えていた自分にはショックでした。




この時もっと強力な鍵を使っていれば自転車は盗まれなかったかもしれませんが、どうなのでしょうか。
本気で自転車を盗もうとする人は、きっと鍵を切断するための道具を持っています。そうしたら並大抵の鍵では太刀打ちできません。バイク用の何キロもあるような大きな重たい鍵を使う?自転車で常に持ち歩くには非現実的です。

高級自転車を外に置いて放置。この行為はどんな鍵を掛けていようとも、プロの窃盗犯には万札の束が地面に落ちているだけのように見えることでしょう。




自転車が消えて、まずするべきことは一つ。周辺探索です。

アパートの前に置いていたため、場合によっては管理人に自転車を移動されてしまったという可能性もあります。
→ない。

ちょっと歩くのが面倒だから脚として使った可能性もあります。そうしたら近くに乗り捨てられているはず。
無い。

近くの駐輪場・スーパーは?
ナイ!


この時点で窃盗と断定。
近くの交番に行って被害届を提出しました。
型番、色、特徴、防犯登録番号。

防犯登録番号は覚えていなかったので、自転車を購入した店に問い合わせて確認しました。


被害届は提出しても、警察は基本的に動いてくれないと思ってください。警察の人皆が自転車に詳しいわけではないし、警察の人は別の仕事もあります。
『注意しては見るけど、まぁ、出てこないだろうから期待しないでね』みたいな対応になります。



捜索は自分で。それらしい自転車を見つけたら警察に連絡。そこからが警察との連携プレイ開始です。




次に盗難にあったという情報発信。
携帯からmixi、Twitter、大学のチャリ部のメーリングリストでとりあえず『自転車が消えたからそれらしいものを見つけたら教えてくれ』と発信。

更に、盗難された自転車の写真などを集めた上で本格的な情報発信に移ります。


自転車盗難専門のサイトがあります。
CSI 自転車特捜24時 http://www.cycle-search.info/

また、中古自転車販売店には盗難用の専用窓口があるので、こちらにも特徴などを伝えておきます。

窃盗の目的は大きく分けて2つ。盗んだものを自分で使うか、カネ目的。カネ目当ての場合中古店が第一ターゲットになります。高級自転車の場合は基本的に後者です。


サイクルハンター
https://www.cyclehunter.com/secure/stolen.html
テルテルスポーツ
http://www.493190.com/registration/index.php
サイクルパラダイス
http://www.cypara.com/robbery-report.html
サイクリー
https://www.cycly.co.jp/Theft_Information_Registration/default.asp


自転車登録サイトですが、こちらでも盗難にあったという発信ができます。
MyBike.JP
http://mybike.jp/


盗まれてから自転車のパーツ構成などを記述していくのは非常に手間なので、自転車乗りの方々はMyBike.JP等であらかじめ自分の自転車の登録をしておくと楽だと思います。
訊ねるときも、サイトのリンクを貼って『こんな自転車です』って言うだけで済むので。


窃盗犯が頭の悪い人だと、近くの大手中古ショップにそのまま持ち込んで、ハイ発見ー!
となるのですが、今回はこうは行かなかったようです。


発見までの流れは次回に。
ではまた。

自転車盗難記 #0, 1, 2, 3, 4, 5, 6

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。