スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車盗難記 #6 ~まとめと対策~

自転車盗難記 #0, 1, 2, 3, 4, 5

さて、盗難事件は一段落。今回は運良く自転車も(大部分が)戻ってきて、犯人も捕まりました。
でも、盗難に遭った大部分の人は自転車が見つからずに泣き寝入りしているのが現状かと思います。


毎年知り合いの自転車が何台も盗まれていますが、そのうち発見できた自転車は一握り。見つかった自転車はどれもどこかに乗り捨てられていたものです。
では、自転車が売り飛ばされてしまったら見つけ出すのは不可能なのでしょうか。そんなことはないはず。『売り飛ばされたものを探しだすノウハウ』さえあれば、多くの人の自転車を救えたのかもしれません。

あくまで今回の例ですが、どこを探すといいか。周りの人にはどういうふうに捜索をお願いするべきか。
その辺りをまとめていきたいと思います。

盗難にあった方々のヒントになれば幸いです。



高級な自転車は室内保管。これが鉄則です。でも、万が一目を話している内に自転車が消えてしまったら。

まずは客観的に状況と自分の自転車を見てみましょう。
犯人は盗んで何をする? 売り飛ばすか? 足として使うか?
鍵がかかっているのに盗まれた場合、まずは換金目的を疑いましょう。
鍵をかけないで盗まれた場合、チョイノリで脚に使われている可能性もあります。


なんにせよ、まずは情報発信です。
発信先などは自転車盗難記 #1 ~捜索編~
に書きましたが、救難信号は早ければ早いほどいいと思います。
なるべく多くの人に目につくように。協力してくれるような人に。
自転車のパーツ構成。傷。ライト。ボトルゲージの色・形。バーテープの色。盗まれた場所。
遠くから見て特徴的な部分があれば、気づいてもらいやすいと思います。

自分の場合は盗まれてすぐにワイヤー類を切断され、パーツごとにバラバラにされて売り払われていたので、ぶっちゃけ車体の色とかアウターワイヤーの色とかバーテープの色とか発信しても意味がありませんでしたが。



特に見るからに派手でかっこ良さそうな自転車が無くなった場合、売り飛ばされている可能性が高いです。『自転車をよく知らない人が見ても高い自転車に見える』これは売りさばく時に大きなアドバンテージになります。
地味なロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクの場合、脚に使われて乗り捨てられている可能性もあります。(鍵を壊してまで乗る人は少ないでしょうが)その場合は近くの駐輪場、店、駅前等、人が多く集まる場所を探してみましょう。


近くを探してもない場合。
まずは警察に行きます。自転車の特徴や車体番号、防犯登録番号がわかるといいです。
付近の自転車屋にも声を掛けておくといいかもしれません。


一日探してもない場合は中古販売を警戒しましょう。
中古販売店・ネットオークションを当たります。
ヤフオクなどのネットオークションはアラート機能がついています。出品された物のキーワードに反応して自動でメールを送ってくれます。フレームやホイールのモデル名を登録するといいでしょう。
詳しくない場合は、詳しい知り合いに監視をお願いするといいと思います。

パーツに特徴的な傷がある場合、インターネットで中古販売しているパーツの中から誰かが見つけてくれるかもしれません。自転車盗難記 #2 ~パーツ発見編~自転車盗難記 #3 ~フレーム発見編~ みたいに、大手ショップの場合はインターネットで中古品を公開している事も多いです。
もちろん、自分でも探しましょう。持ち主が一番パーツに詳しいんですから。


自分の場合、フレームは隣の市のリサイクルショップ、パーツはかなり遠い場所にある大手中古自転車ショップに売られていました。
盗んだその日の内にバラして売っていたというから驚きです。

今回の件では運良く数日で見つかりましたが、そうは行かない場合が多いと思います。パーツを探すのは大変です。だんだん飽きてきます。でも、諦めずに探し続けることが大切だと思います。
犯人が盗んだ自転車を2ヶ月くらい寝かしていたら、探すのに飽きて見つけられなかったかもしれません。
ヤフオクのアラートで飛び起きた可能性もありますが。


#####


今回の盗難車の発見に大きく役立ったのは
防犯登録 車体の傷の2つ。
まず、防犯登録をしていないと警察がまともに動いてくれません。こいつが第3者的に車体番号による所有者の証明をしてくれます。自分の場合は防犯登録シールを剥がされてしまっていましたが、登録時の控えの紙が証明書代わりになってくれました。登録していない人は是非登録しましょう。近くの自転車屋に行けばやってくれるはずです。

次に、傷。車体の傷は、思い出の傷です。同じものを見つけると、ガツンと衝撃が走ります。
傷をつけてしまったら、記念写真を撮っておきましょう。たとえ型番が一緒のパーツでも、同じ場所に傷が付く事はありません。捜索時の大きなヒントになります。ブログなんかで写真を公開しておけば、『こんな傷のあるパーツ見たら教えてください』みたいにいうのが簡単です。


本当は窃盗をするような人がいなければ、こんな記事を書くこともなく、皆幸せになれるんですがね。



#####


いかがだったでしょうか。
自転車盗難記 #0~6まで一息で書いたので、誤字脱字、読みにくい所が多々あったかもしれません。
そういう場所はコッソリ教えていただければ随時訂正していきますので、よろしくお願いします。
質問などあれば、答えられる範囲で答えていきたいと思います。

盗難に怯えなくて済むような社会を夢見て。


ではまたー。


にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして
さきほど自転車盗難記拝見させていただきました
なんか今頃コメントつけるのも、過去の嫌なことを思い出させてしまうようで気が引けますけど...
しかしスポーツ自転車はいったん盗まれると発見されることはないと聞きますが、
無事発見されてほんとに良かったですね!
オーナーが捜索のための努力を惜しまなかったことが解決につながったのでしょうね
警察の方とのやりとりなどは、今まで聞いたことなかったので大変勉強になりました
しかし執行猶予が付くということは、犯人は今も普通に生活してるということなんですよねえ
やっぱりたかが自転車泥棒っていう扱いなのでしょうか
そのへんは少し腑に落ちないところではあります...




Re: No title

泥沼さんこんにちは、ありがとうございます。
盗難常習犯の自転車泥棒が捕まったとしても、昔泥棒が盗んだ自転車の被害者が出てこないと罪に問えないのです。
今回はいたき以外の被害者が出て来なかったため、犯人はいたき以外の被害者から罪に問われることはありませんでした。しかもいたきは示談金もらって示談してしまったため、犯人の罪は最小限です。
腑に落ちないですが、しょうがないのかもしれません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。