スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ叩き

トヨタがボコボコに叩かれていますね。新聞でも今日の一面トップです。

プリウスのブレーキ問題なんて一種の「車の仕様」であって,ブレーキ特性をちゃんと知って運転していれば別に問題ないことのような気がします。まあ,技術的な改善の余地はあるだろうけれど。

もうなんだかこういうニュースを聞くと大きな力が働いてるんじゃないかと妄想してしまって、夢がひろがりんぐ。

以下妄想
********
アメリカの自動車産業が不振だ。
なぜか。トヨタの拡大だ。中でもプリウスの外国車としての高級感に加え,他社に真似をさせない高度な技術。

大きな問題だ。
このままではアメリカの自動車産業が廃れてしまう。どうにかしなければいけない。
アメリカが動いた。

「高級官僚にトヨタが悪いような説明をうっかりさせろ」
「マスコミにもトヨタ叩きがしやすいような資料と発言をバラ撒け」

トヨタを抑えることがアメリカ経済,しいてはアメリカ国民の幸福につながる。
飢える国民を救うのだ。


日本という国の会社の運営手法とアメリカの会社の運営手法は異なる。
文化の違いだ。そこに付け込む。
日本では許される内容でも,アメリカでは叩ける。

アメリカとしては国民にこのまま日本車に対する不信感を長引かせ,逆にアメリカに対する信頼を回復させたい。
一気にトヨタ叩きを進めると,すぐにネタが尽きる。

ジワジワ少しずつ連続で悪いところを露呈させ,だんだんと信頼を落す。



突然攻撃を受けたトヨタは焦った。
この程度の問題がここまで大きく発展するとは予想外だった。このままでは危ない。

トヨタも必死の対策を講じる。
リコール。ディーラーへの説明。報道。技術者は徹夜の日々だ。

しかし相手は国家に操られた世論。
分が悪い。

攻撃に気づくまでのタイムラグが大きく響いていた。


そんな中,アメリカの報道につられて日本までトヨタ叩きを始める。
こんな時こそ日本はトヨタの味方をしなければならないのに,これではアメリカの思う壺だ。



この厳しい状況をトヨタは乗り越えられるのか。


**********

今後の動きに期待です。

以上,すべていたきの妄想でした。



どうでもいいですが,
いたきはトヨタのプリウスよりも,ホンダのインサイト派です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

妄想じゃないと思います……。
まぁ、これが某米の国の「正義」と「自由」でしょ。

けどたぶん日本も同じようなことしてると思いますよ。
朝青龍事件とか、世論操作も多分にあるでしょう。
何者かが裏で糸を引いているのかもw

No title

るねも思います。

G3が破綻したのは、日本車の高度な技術のせいだとw
いや、お陰と言うべきかも知れませんが・・・
共存するというのはどこの世界でも難しそうですね。

平和的解決を求む。。。

Re: No title

●弌さん
日本の場合は賄賂ととかげの尻尾切りでグヘヘな世界を作っているような気がします。
某幹事長なんてマスコミに(表に公表されてるだけでも)一人あたり何百万っていうお金をばらまいて自分に都合のいいように話させてるくらいですしね。当然マスコミは言わないけど。

●るねっさんす
平和的解決は難しそうですね。。
平和的解決のためには核爆弾を使うことが正義だと主張する国も有りますしね。
程々のところで平衡を保つのが一番無難なんでしょうか。
プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。