スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エグザリットのブレーキシュー(非純正)

MAVICのSLR系ホイールには、エグザリット加工が施されています。
表面改質と、ブレーキ面のヤスリ模様。

egz1.jpg


前にも書いた気がしますが、いたきはこのエグザリットホイールがアルミ系ホイールのある意味での終着点だと思っています。
採算がとれなくて販売中止になったとしても、エグザリットの優位はゆるぎません。

今回取り上げるのはエグザリット専用ブレーキシューについて。

みんな気になってる、『ぶっちゃけ専用シューじゃなくていいんじゃないの?!』ってところについて、いたきなりの答えを示します。

結論から言います。
制動力に関しては、専用シューじゃなくても全く問題ありません
ただ、専用ブレーキシューをおすすめします。


事の発端は先日のかもめチャンス杯。

雨の日だから通学装備のバイクで行ってコケるのは嫌だ。(何年前の物かわからないような倉庫に転がってたタイヤを装備してます)集団走行になるし、コースはテクニカルだから、ブレーキの効きが悪いのもいやだ。

ホイールはキシリウムSLR 一択

おや、専用ブレーキシューが無いぞ…

しょうがない、別のシュー着けるか。


今回装備したのはシマノ純正カーボン用ブレーキシュー。

雨のため、走行後は顔が砂まみれでヤバイことになるようなバッドコンディションです。
雨でも制動力は上々。握り始めは少しムニュッとする感じはありますが、通常通りブレーキをかければしっかりガッツリ減速してくれます。

でも、エグザリットのブレーキシューのいいところは、「無駄によく減るところ」。
「すぐ減るブレーキなんて悪いにきまてるじゃねぇか」って、まあおっしゃる通りなんですが。
でも、エグザリットは他のホイールと違い、「シューを犠牲にしてリム面を守る」という面があると思っています。

まぁそこら辺は昔書いたホイールレビューを参考にしていただきたいのですが、
簡単に言うと、今までのホイールと違って、シューに金属片が刺さらない。だからホイール長持ち。

brks1.jpg ExBP1.jpg
通常のシュー(左)とエグザリットでのシュー(右)

エグザリットは他のシューでもちゃんと使えます。
でも、純正と純正じゃないののどちらがいいかと聞かれれば、純正のほうがいいんです。
やっぱり純正はちゃんと計算された制動力がある。
ブレーキなんてある程度以上の制動力があればそれでいい。
制動力が確保されているなら、ホイールの寿命が延びるシューのほうがいい。
だったら、純正シュー一択。

もちろん、シューによってブレーキタッチを好みにコントロールすることはできるから、自分の好みにあわせてシューを替えるのも一つの答えかと思います。



以上、まとめると、
●純正じゃなくても問題ない
●でも、ホイールの事を考えると純正がいいかも
●結局乗る人の好み

相変わらずひどいまとめですが、よろしくおねがいします。


あ、他のアルミリムで使って金属片が刺さっちゃったシューは、エグザリットやカーボンホイールには使わないであげましょうね。リム削れるんで。

ではー。


にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。