スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木祖村2012 1日目

行ってきました、2days race in 木祖村。
今までもちょっと興味があった大会だったのだけれど、今回が初参戦。
2日間に渡る、個人TTを含む3ステージレースです。

レース当日、柏駅で2人を拾ってレース会場へ。
ETCの期限が切れてたり色々トラブルがありながら、予定よりも少し遅れて到着。

予定では試走する時間があったはずなのに、結局試走できず。
コイツが後々までいたきの脚を引っ張り続ける事になります。

補給所兼ベースキャンプはかなりの勾配。
10%が400mくらい続いているんだとか。これは酷い。聞いてないよ。
3本ローラーでアップしている人が傾いてます。



第一レースは個人TT。
TTメットとかディスクホイールとかを借りることができて、初のヘンタイスタイルで出走。
HEDのディスクホイール、バインバイン音がします。太鼓みたい。ロープロリムのホイールにカバーが付いているだけなんだとか。へへぇ。

試走ができなかった分、地図を見てコース設定は頭に叩き込んでいましたが、当然地図なんて観たところでわかることはわずか。まぁいいや、しょうがないし何とかナッペ、と出走。
序盤飛ばすと最後で垂れるから後半勝負で、とのアドバイスを貰ったので、そのつもりで。

lr_DSC_1617.jpg
photo by 103

TTの出走台はビールケースをひっくり返した奴。
手作り感が凄い。

スタート直後からガッツリ下り坂。すごいスピードのままブラインドコーナーへ。
初見のブラインドコーナーほど怖いものはありません。
ヒィー、コーナーが終わらねぇーとか思っていると、抜けた途端にまたブラインドコーナー。完全に俺のスピードを殺しに来てやがる。
ダムの橋を渡ると上り坂。
なんかデッカイ猿が飛び出してきました。危ない。
アップダウンを繰り返し、2回目の橋。高速でコーナーに突っ込むと、イヤラシイところに金網が。試走してコースを掴んでいれば、ラインをアウト寄りに変えてましたが、初見じゃムリムリ。網に足を取られて跳ねる後輪。
そんなこんなでいろんな場所でタイムロスをしながらゴールへ。
予想外にテクニカルなコースでした。

順位は真ん中よりも上くらい。
うーん、こんなもんなのか。すごく納得行かないけど、コーナーを上手に抜けられてペース配分がわかっていれば5%くらいまでならタイムが縮まりそうな予感。5%縮まっても優勝してる人には遠く及ばないわけですが。みんな速いなぁ。

テクニカルなコースは試走を絶対しなきゃダメですね。



TTの足の疲れが適度に抜けてきた所で第2ステージスタート。
いつものように集団中程でウロウロ。
みんな結構速いスピードでコーナー抜けてくのね。TTでももっと攻めれたなぁ、とか思いながら周回をこなしていると、前方で落車発生。
ちょうど目の前が塞がれてしまったため、左右に避けることもできずにしばらく立ち往生。
走行再開して、みんなで回していれば第一集団に戻れるかな…と思っていたら、中々追いつけず。30秒差程度から先が縮まらない。脚のある人達は集団から飛び出して前に追いたようですが、いたきたちの追走集団は結局前に追いつけず。追いつくことを諦めてからはグルッペット状態でゴールしました。

敗因はさっさと飛び出して前の集団に追いつかなかったこと。
チャンスは何度かあったのに、そいつを上手く掴めませんでした。
実力のある選手たちの中でのレースに慣れていなかったのも原因でしょうか。

まぁ、次のレースに活かすことにしましょう。

第3レースは次の日。
ゆっくり休んで備えます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。