スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JCRC修善寺 S

JCRCはXから一戦ごと一直線にSクラスまで上がることができたけれど、さすがにSクラスは強い人が多そう。
Sでも入賞出来ればいいなぁ、みたいな軽い気持ちで参戦。
修善寺お約束のJCRC賞(靴下賞)も健在。

1206102.jpg


とりあえず目的はJCRC賞の靴下。
くつしたが3足もらえれば表彰台に乗れなくてもいいや。

だがしかしふたを開けて見るとイナーメの大人げないおっちゃんにジャマをされ、3足手に入るはずだった靴下は2足に、レースは4位。
ゆるさん、ゆるさんぞ。
白い靴下がすぐに茶色くなる呪いをかけてやる!

出発は朝3時。
ガソリンを入れて、途中2人を拾い、高速を飛ばして修善寺へ。
拾った二人は車の免許が無いとかで、運転は全部いたき。
一人で茨城から修善寺までの往復運転+レースは疲れるので、免許とってください。居眠り運転怖いです。


修善寺に到着し、試走しようと思っていたらギリギリ時間が間に合わず試走できず。
いたきは後のほうの出走なので、マッタリ他の人を応援しながら待ちます。

Xではお友達が入賞したり。おめでたおめでた。

1206101.jpg


いたきはと言うと、レース展開は以下のとおり。
レース開始後、序盤からちょくちょくアタックがかかってペースが緩みません。スロースターターのいたきには辛いです。とりあえずSクラスのレベルがわからないので、逃げっぽくなりそうなのにはとりあえずチェック。
数周走って強そうな人を確認したら、後は強そうな人が何人か乗る逃げをチェック。
空気圧をちょっと入れすぎたような感じがあって、コーナーが堅い。8~9気圧は今日みたいなコースだと明らかに入れすぎ。7気圧で良かったかもしれないです。
最初はびくついていたコーナーも、だんだん慣れてきて後半はグイグイ横Gを感じながらコーナーを滑れました。

中盤は集団前目でエコ走行。中盤以降にいたきのエンジンがかかってくると、逆に周りの人は息切れが目立ってきます。いたきも負けじと息切れのフリ。

終盤、強そうな人達の逃げが出来て飛び乗り。この逃げで決まりそうな雰囲気。
あとは逃げを説得してラスト周回入り口に設定されているJCRC賞を1位通過出来ればいたきの任務は完了。
靴下、くつした。

逃げ集団に「JCRC賞もらっていいですかー」と声をかけると、まぁ譲ってくれそうな雰囲気。
別に総合上位は狙う気がなかったから、靴下をくれるお礼程度に逃げ集団を牽引。上り引いて、下り引いて、後はそのままゴールラインを通過すれば靴下が…と思ったところで左からイナーメのジャージがスプリント気味に射出。
えっマジかよ何事嫌がらせかよ、と思いながら、このままじゃヤバいので重い腰を上げて追走。今やっているのはネタスプリントで最後に脚を緩めて譲ってくれるんじゃないかと思っていたけれど、見事にイグナメジャージがゴールラインでハンドルまで投げやがって数センチの差で靴下を一足いたきから奪い去って行きました。

まじかよこれが大の大人のすることかよ、これが椅子ランドのやり口かよ、俺が先頭たくさん引いたのは何だったんだよ、靴下返せよ洗濯機にポケットティッシュ入れるぞ、
とか呆然としつつ、いたきは失速。前方に3人の逃げを見送り。

あとはまぁマッタリ。合流した人と2人で後ろに追いつかれない程度に回して、最後にちょっと刺させてもらって4位。

いつもなら4位入賞でそれなりに満足した気持ちにもなれたのでしょうが、今回は靴下をへんな奪われ方をしたのでガッカリ。

一方的にギブアンドテイクを信じてたのが悪いと言えばそこまでですが、自分が馬鹿みたい。
社会勉強になりました。もうこんな事しない。他人のお手伝いなんかしない。次は負けない。(靴下的な意味で)

レース自体は楽しかったし、Sクラスでも充分自分が戦える事がわかったので、次はもう少しマトモな走りをします。

1206103.jpg


完全に靴下への執念の記事になってしないましたが、まぁそんな感じ。

どこかのレースで会いましょう。


にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

各ツイッターでRTされてたので お邪魔します

ごめんね~ そこまで靴下狙いだったとは思わなかったので
何処のレース出るかここに書いてもらえれば、同じレース出るなら3足プレゼントするから ゆるして
靴下よりも最終周回手前でああいったのがあると、駆け引き的に面白かった
結果的にあの靴下スプリントで 6名→3名になったから 流れとしてはバッチリ 

JCRC靴下は使わないでとっておくから(笑) 

また今度

Re: No title

>まこっちさん
いえいえ、いくら言い訳した所で負けは負け、完敗でした。まこっちさんは強かった。
靴下はぜひまこっちさんが使ってください。
次は正々堂々と靴下を奪い取らせて頂きますw
プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。