スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんよんだ

こんにちは、いたきです。

最近ポータブル音楽プレイヤーとかが発展してきて、いつでも音楽を聴いているような人がいますよね。
いたきは世の中の音がみんな音楽に聞こえちゃう人だから、いまいちイヤホンを一日中付けてる人の気持ちが理解出来ないけど。
周りの音を掻き消してまでその音楽を聴きたいの?
もったいない。

********

本を読みました。
『絶対音感』 (新潮文庫)

世の中には車のエンジン音を聞いて、「この音はラのフラットだ」とか、「大体何ヘルツだ」みたいにわかる人がいます。音楽をやる上で、あったら便利なスキル。自分の出している音が合っているかどうかすぐわかって便利そうです。

この本は色々な音楽関係者へのインタビュー等を取り入れながら、『絶対音感』を軸に音楽について語っていく本です。

すごく、面白い。へぇボタンを連打したくなります。(古い
本を読んでいると、「あんた、それただのノイローゼだよ」見たいな人も多く出てきますが、
音を母国言語のように理解出来ちゃう。それってすごいよね。



人がみんな絶対音感を持っていれば、練習すればスターウォーズのR2-D2みたいな言語がしゃべれるよね!(笑


人って体調や成長するにつれて自分の声の高さも変わってきちゃうけれど、絶対音感を持っている人は何を基準にして音を決めてるんでしょうか。
相対音感しかないいたきは不思議でなりません。

絶対音感を持っていても歌が音痴な人もいるらしいし。
それ、歌ってて気持ち悪くないのかな?わけがわかりません。


音の感じ方も人それぞれ。

ちなみに、いたきは音が各音階ごとに色で分かれる人です。
訓練すれば絶対音感になれるか・・・な?

やっぱりめんどくさいからいいや。



興味があったら読んでみてください。

ではまたー

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

その本家にあるわー。読んでないけどw

絶対音感ある人って、電車とか人ごみとかで耳をふさがないと気持ち悪くなるらしいね

絶対音感には憧れます。

あったらいいな~。
だって、お仕事に困らなさそう・・・。

でも、喧騒が耐えられない瞬間ってのもありそうですね本当に。

私も、時々色で見えることがあったりします。

読んでみたいけど、買う気は無いので是非貸してくださいw
(他力本願は負け組ですね、わかります・・・)

No title

●はやしクンクン
そういう人もいるみたいだね。
音を音程で聴くんじゃなくてリズムで感じればいいのでは、、と思うけど、そうも行かないのかな。よくわかんないや。

●るねっさんす
いたきも図書館から借りた本なので、貸すことは出来ません。ごめんなさい。
図書館でお借りください。
ぶっちゃけ、音楽を本気でやってる人じゃない限り、買って家に置いて何度も読み返すような本じゃないと思いますし。面白いけど。

その手があったか!

というか、そうだったんですね・・・(ションボリ

図書館・・・行かないから・・・

Re: その手があったか!

●るねっさんす
これを機会に図書館でびゅーです。
プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。