スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・フランスおわり

今年もツール・ド・フランスが終わってしまいましたね。
終わってしまうと何か寂しいですね。

#######


自転車乗りは頭が悪いです。

頭がよかったら、きっとみんなもっと別の競技をしています。

自転車選手の給料は驚くほど少ないです。(競輪は別ですが
チームはスポンサーとよく喧嘩をしています。

他の競技をすれば、何倍もお金をもらえるかもしれないのに。
それでも、選手は自転車に乗り続けます。

レースで毎日、100km、200kmを走ります。
崖から転落する危険を犯しても、下り坂を攻めます。
バイクですら止まってしまうような激坂を、顔を歪めて登ります。
転んで骨が折れても自転車に乗り続けます。
ゴール前になると、転ぶ危険も顧みずに、肩をぶつけ合いながら全力疾走をします。
サポート選手は自分が勝てないことを知りながら、エースにすべてを託します。

なんでそんなことをするの、と聞けば、
さあ、なんでだろうな、と答えます。

みんな自転車が好きなんだと思います。
自転車に乗って、一瞬の光を追い求めてもがいているんだと思います。



自転車競技って、スタンドプレイなのにチームプレイ、チームプレイなのにスタンドプレイなところがあります。
敵味方無く、紳士協定のようなものを大切にします。
走りながらご飯を食べます。レース中にみんなで立ちションします。

他の競技と比べると、選手も主催者も明らかにネジが数本飛んでいます。


頭のネジが飛んでいってしまった人たちが、がむしゃらに頑張り続ける、そんなドラマが自転車レースなのだと思うし、だからこそ何か惹きつけるところがあるのだと思います。




ツール・ド・フランスを走った全選手にありがとうを言いたいと思います。


ツール・ド・フランスはまだ日本で有名じゃないし、これからもっとツールを広めようと精力的に活動している人たちもいます。
ヨーロッパ人が言う世界の3大スポーツ大会は、オリンピック、ワールドカップ、ツール・ド・フランスだそうです。
日本じゃ、ツール・ド・フランスのツの字も出てきません。たぶん箱根駅伝がこれに置き換わります。


いたきも、ツールが日本でもっと有名になればいいと思います。
でもやっぱり、ツール・ド・フランスのようなレースはヨーロッパ的な何かが根強いので、大半の日本人とは感性が合わないような気がします。

日本人は、自転車乗りの頭から外れたネジを拾い集めて頭に着け直してあげるような、そんないらぬことをしだしそうで怖いです。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。