スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーピングと中国と

http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=15293

レディオシャックのフユ(中国)がドーピング検査でBサンプルも陽性になったようです。
クレンブテロールが検出されたとか。

クレンブテロールは喘息に処方される物質。
気管支拡張効果があるため、スポーツ的には運動能力が向上します。
ボディビルダーとかは普通に使う、、らしいです。
いたきは使ったことがないので良くわかりません。


専門家の意見もぶっ飛んでいます。
「中国製の肉を食ったせいだろうから選手は悪くない」とか。

クレンブテロールは飼料に混ぜると肉の赤身が増すそうです。(動物が活発に動くようになるため筋肉量が増える
中国でも既に飼料へ混ぜることは禁止されているのですが、バシバシ入れている業者もいるとか。
過去にも複数件クレンブテロール中毒の事件が起きています。

少し前に餃子の件とかで中国製食品が有名になりましたが、中国はあの頃から食品関係は改善されたのでしょうか。改善されてないと話になりませんが。


フユは事実を否定しているけれど、検出されたのは事実。
意図的に禁止薬物を摂取したわけでないとしても、残念な話です。

中国人のフユが実家に帰省した時に親が肉料理を振舞ってくれたけど、それが原因でドーピング検査に引っかかる、
そんなシチュエーションだったら泣くに泣けません。

日本の食品潔癖症もヤバいけど、中国の食品汚染無関心症もヤバい気がします。
日本のヤバさは別に被害はないけど、中国のヤバさはリアルヤバい。


とりあえず、ドーピング検査を行うようなプロのスポーツ選手は中国産の肉は避けたほうが無難ということでしょうか。

頑張れ中国。
スポーツ選手を敵にまわすと怖いぞーw


にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。