スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑波山

どうも、筋肉痛でなんだか脚と背中が重いいたきです。

昨日は朝から一人で筑波山をせっせと登っておりました。
ただ、この日は夏の暑い日にもかかわらずボトルを忘れました。
山を登り始めてから水がないことに気づくってどうなんだ、、とも思いますが、筑波山を走っていればところどころにある湧き水区間で水には困らないのでその点筑波山は良い山です。(不動峠と険道42号の2箇所で今回は水分補給をしています。不動峠を2回通っているのも水分補給のためです)
当然山の水なので、水にはゴミや苔が浮いていることがあります。胃腸が弱い方や塩素の匂いがしないと安心出来ない潔癖性の日本人にはあまり好まれないかもしれませんね。いたきは気にしませんが。
見ての通りいたきは水を飲んでもピンピンしているので、安全性については問題ありません。責任は持てませんが。


さて、今回走ったルート





以下、走ったルートの抜粋です。
最近教えてもらった朝日峠。今回走るのは2回目。途中バイク避け・スピード抑制のバンプが所々にありますが、それに目をつぶれば車通りも少なく走りやすい道です。

朝日峠



そして今回初めて走ったのが険道42号風返し峠の裏道です。
一部の人の間では噂になっていたりネタになったりする激坂険道で、

『ダンシングすると後輪が空転する』
『シッティングで登るとウィリーする』
『一度止まると登れなくなる』
『この坂を登ると聞いて、靴を別に用意してきた』(ビンディング付きの靴では坂を歩くのが難しいため)


等、様々な逸話を聞く道です。

県道42号



さて、下ってみて登ってみた感じ、久しぶりに激坂に会ったような気がしました。
途中に建っている家や木々は道路に対して明らかに傾いているし、つづら折りの一部は壁のように感じます。

でも、いたきはウィリーも後輪の空転もしなかったですし、足も一度も地面に付かずに登り切れたので、
まあ、大した坂じゃなかったですね!!
身近にこんな坂があったなんて嬉しい限りです。


道が狭くて車両がすれ違うことも難しく、サイドブレーキをかけても後ろにバックしそうな坂。
コンクリート舗装とはいえ、あんな坂をせっせと舗装した土木系のおじさま方には頭が下がります。

一般の方には全くおすすめできませんが、自転車乗りの方々にはネタの一つにでも登ってみるといいんじゃないでしょうか。

こんど大学の後輩共を引き連れて、またこの坂を登りに来たいと思います。




にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。