スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ツーリング プロローグ

お待たせいたしました、北海道ツーリングの記憶を呼び起こしてデブリーフィングです。

使用した装備

バイク:DAVOS 603 ランドナー
ライト:HL-EL520, FENIX L2D
カバン:ドイターラックパックⅡ、オストリッチフロントバッグ
服装:長袖・長ズボン1セット、Tシャツ・半ズボン2セット、パンツ3枚、タオル大1、タオル小3
雨具:モンベルストームクルーザー
テント:モンベルムーンライト2人用
地図:ツーリングマップル北海道
炊事道具:家庭用カセットコンロ用ボンベが使えるイワタニのバーナー、ボンベ2本、コッヘル
その他:エアマット、工具、パンク修理キット、空気入れ、救急用具、輪ゴム、ゴムひも2本、ゴムネット、洗濯用ネット、洗濯用洗剤、エマージェンシーシート、単3充電池、充電器、輪行袋、反射ベスト 他



持っていけばよかったもの
洗濯バサミ→洗濯物を干すのに便利

持っていったけど使わなかったもの
タオル大、使い捨てカイロ、輪行袋→まさかのタオル未使用

使用した自転車

積み込んだ状態が写真です。ダウンチューブに付いている空気入れにはガムテープが巻いてあります。ガムテープはツーリングの必須装備。
バッグの片方には食料・炊事道具、もう片方には衣類・生活用品が中心に入っています。
フロントバッグは主に補給食と緊急道具。


寝袋はかさばるので持っていきませんでした。服を重ね着して、最悪エマージェンシーシートを使えばなんとかなる、、と思って。→北のほうは寒かったけど、なんとかなりました。




北海道ツーリングプロローグ

朝、大学から後輩共3人を引き連れて大洗港まで出発。
朝でれば夕方のフェリーの便には余裕で間に合うと思っていたら、パンクがあったり道を間違えたり何だりで結構ぎりぎりの時間に。
なにはともあれ、フェリー乗り場に到着。
フェリーでもう一人と合流し、全部で5人に。
自転車はフェリーにそのまま乗り入れでき、バイクと一緒に車庫に止めれくれるので特に輪行袋などに入れる必要はありません。輪行袋に入れても同じ額の自転車料金がかかります。

フェリーのご飯は値段が高いので、食事は家から持ってきたインスタント麺。10食分持ってきたから北海道でもしばらく食事には困らないはず。
フェリー内はお湯も使えるし電子レンジもあるので、とりあえず簡単な食べ物は作れます。
さらに洗濯機と乾燥機も無料で使えるので、洗濯も可能です。ただ、洗剤は自分で持ってこなければなりません。

フェリー

フェリー内には他の大学のチャリ部も大勢おり、何校かの人とお話しました。
このアットホームな感じ、飛行機じゃこうは行かないよね。

そしてフェリーでひと眠りして次の日の昼、
いたきたちは北の大地に降り立つ。

北海道ツーリング、開始。



つづく・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。