スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クランク交換

後輩がクランクを売ってくれたので、やっと念願のクランク交換が完了しました。
今回自転車の専門用語が多く出てくるけれど、わからない部分は適当に読み飛ばしていただいて結構です。


今まで付いていたのはFP3に最初から付いていたmostのクランク。
たぶんこれと同等品?
『Monocoque carbon structure with light alloy endoskeleton』
と書いてあるので、フルカーボンクランクではありません。恐らくアルミにカーボン巻です。

緩み止め剤がネジに付いているので固いですが、アーレンキーをクランクの穴に突っ込んで回してやれば、それだけでクランクが外れます。
most

代わりに取り付けたのがこれ。
まさかのDURA-ACEへグレードアップ。装備がだんだんそれらしくなってきました。
dura
一世代前のクランクですが、いたきの自転車の他のパーツもみんな一世代前だから気にしない。



クランクを変えた感想ですが、
踏み心地がカッチリした
今までのmostクランクは踏み込むとギュンギュンしなっていたのですが、このしなりがなくなった感じ。踏んだ分ダイレクトに進んでくれます。
しなりがなくなった分、脚を踏み下ろさなくても蹴るようにこいでも自転車が前に進みます。剛性の差でしょうか。
ギアが重くなった
インナーギアがリアスプロケ2枚分重くなっているので、当然山は辛いですw
今までの気分で坂に入ると、「もうギアがないのか!」といった感じ。ダンシングで対応するしかないのかな。
変速が良くなった
mostクランクの変速性能は様々なところでボコボコに叩かれていますが、やはりダメなものはダメなのです。
だいぶフロント変速が良くなった気がします。
シマノ純正のクランクの力を思い知りました。
重量が軽くなった(らしい)
730g→650g(だいたい)
自転車の重量を気にする人は気にしますが、いたきはそこまで重量については気にしないので。



#######

自転車を買った時の初期のギア比、、なんて言ったって分かりにくいので、脚を毎分120回転させた時に出せる速度が下の表。初期パーツ、交換前、交換後の3種になります。暇な人は並べて比べてみてください。画像はクリックで拡大です。
計算はこちらを利用させてもらいました。


初期(F34-50、R12-25)
39-52,12-25,120rpm
トップギアでクルクルしても60km/hちょっとじゃ、下り坂で全然踏めない、ということでリアスプロケを11-23に変えたものが下。

ビフォー(F34-50、R11-23)
34-50,11-23120rpm
今まではしばらくこのギア比でした。

そして今回フロントの歯数を変えたあとがこれ。
アフター(F39-52、R11-23)
39-52,11-23,120rpm

アフターの方が1速でギア約2枚、2速で約1枚ギアが重くなっていることになります。


クランクを変えたはいいけど、、このギア比、使えるの?
宝の持ち腐れにならないの? と心配。
アウタートップはたぶんレースの下りでしか使いませんね。
リアスプロケの11-25あたりが欲しくなるかもしれません。
でも、お金が無いので脚でカバーですw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いたき

Author:いたき
自転車好きの大学生、いたきのブログです。
どうぞ気軽にコメントください。
必ずお返事いたします。

ついってるよー。
http://twitter.com/itakin

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いたきカウンター
 
カウンター
クリックで救える命がある。
にほんブログ村 自転車ブログへ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。